保険の見直し、各種保険のお見積り、保険相談、海外旅行保険@とらべる、ゴルフ保険@ごるふ、保険の事ならあなたの身近な保険代理店エス・ハートへ

ホーム法人のお客様向け個人のお客様向け会社案内会社概要よくあるご質問お問い合わせ

お客様ご紹介〜虚空山 玉堂(こくうざん ぎょくどう)

・仙台市泉区在住/丸森町出身

・奥州流尺八虚空山布袋軒第十七代
・普化禅宗 仙台藩虚空山尺八寺 軒主(けんず)



芭蕉の辻に江戸期より伝わる名曲・秘曲を伝承している。
「宮城野鈴慕(れいぼ)」、別名「明暗鈴慕」とも云われ、仙台に伝承され鈴慕の中の鈴慕と言われる珠玉の名曲である。
仙台藩祖伊達政宗公遠年忌法要では奉献の儀にて献笛(けんてき)を毎年、五月二十四日に行っている。

5尺管による演奏は、低音の響に圧巻である。

▼YouTubeで動画配信中
ギネスえ ウルトラ尺八 五尺管〜不退玉音
https://www.youtube.com/watch?v=EqH3QwwqxGw


◆曲目について

「大菩薩(だいぼさつ)」

「大菩薩」は、全身全霊と自然の竹とが合一となって生み出す響流の調べであり、これは宗祖が20歳を過ぎた頃の創始になる。「大菩薩」の基底は、海童道の自然法による在り方から具現されたものであり、曲調としては、音楽を破った音楽の趣きというか、全くの独自性を発揮するだけに、至難中の至難な曲であり、まさに一世一代の伝承となる。
まず、「大菩薩」を体達するためには、最初に「鈴法」の曲を練り上げ、ついで「薩慈」の曲に入り、この難関の曲を体得し突破し得た後に、「大菩薩」の極意に至るが、この修行に専念しても、これをつらぬき通すことは容易に出来難く、これまでに幾多の修行者達が学ぶも、悉く倒れ至って、いまは宗祖一代限りで断絶とされている。
法竹の点も、「大菩薩」の吹定に応え得るだけのものが出来ず、殆どの法竹が力量足らずのため、宗祖も手を封じられた恰好にあるも、今度はあえて数拾本の法竹中より、漸く長さ2尺4寸(約73cm)の豪竹を選び出し、吹定を試みた次第であるが、吹定中に豪竹が叱咤激励され、忽ち狂いを生じて了い、役に立たなくなったが、わずかに「大菩薩」の片鱗を録音し得たのである。
〜神秘の竹の音 海童道宗祖 より抜粋〜

「奥州流尺八 鶴の巣籠」

仙台地方に伝わる曲「奥州流尺八 鶴の巣籠(すごもり)」は、古来霊鳥と尊ばれた鶴の親鳥がヒナを命をかけて守るところから、大慈悲の境地を表している。夜明けの描写・鶴の飛翔の姿を思わずにはいられない佳曲。

普化宗

虚無(こむ)宗ともいう。禅宗の一派で、中国唐代の禅僧である普化和尚を開祖としていて、僧名をもってその名が付けられ、詳しくは普化禅宗という。虚無僧(こむそう)とは、禅宗の一派である普化禅宗の僧のこと。

5尺管
長さ/5尺(約150cm) 歌口/直径11cm、周囲32cm 下部/直径13.5cm、周囲41cm
常人では音を出せない長さを氏は吹きこなす。




>> オリジナルホームページ・・・http://gyokudo.jimdo.com/

連絡先/電話:022-376-4469

ページの先頭へ戻る